英語を教えるのがうまい人とは…

英語を第二外国語としてよく話す国として、インドやフィリピンが挙げられます。実際にネイティブ・イングリッシュ・スピーカーもそのことよくわかっていて、それらの国を旅行する人も多いのだとか。英語を第一言語としている人たちは大体にして第二外国語を勉強することを嫌がります。英語が世界共通語としていることを誇りにしているせいか、英語以外の言語を学ぶのが嫌なのか…とにかく英語以外の言語を話すことを嫌がります。でもインドやフィリピンなどの国の人たちは実にうまく英語を習っているので、それらの人たちから英語を習うことは、ネイティブの人よりも英語を早く習得することが出来るかもしれませんよ!?フィリピン英会話で学ぶコツ はそんな英語学習法を確立している人たちのいうことを素直に聞いて学習することです。何かを習おうと思うとやはり素直な人は習得が早いですから。英語を教えるのが上手な人は、話すのが上手な人とは限りません。教えるのが上手な人に習うのが英語上達の一番の近道だと思います。

コメントは受け付けていません。